人気ブログランキング |

2009年 11月 23日 ( 1 )

WE CAN CHANGE





a0093189_1822018.jpg

馬の走りには「手前」っていうのがある。
まぁ、簡単にいうと右回りの時は右手前、左回りの時は左手前で走る。


で、走っている最中に馬は「手前を変える」のだ。


この「手前を変える」とはどういうことだ!?

以前、TVで武豊さんがめっちゃ分かりやすい例えをおっさってました。




a0093189_18274410.jpg





a0093189_18275843.jpg

っていうこと。同じ手前でばっかり走っていると疲れるので変えるんですね。


しかし、レース中だと馬の脚の動きも速いからかなり注意して見ていないと分からない。
スロー再生すればよく分かります。

東京競馬場を例えて言うと、コーナーを曲がる時。左カーブになりますね。
カーブの時は左手前で走ります。で、コーナリングが終わり直線になると
手前を変えてさらに加速するっていうのが恐らく多いと思う。

でも、まれに左カーブなのに反対手前(右手前)で走ってしまう馬がいる。
走れなくないけど、体が外に膨らみやすい。
で、つい先日、反対手前でコーナリングしていた馬をみつけた。



a0093189_1831561.jpg

あんだけスピードが出ているので外に膨らんでいたけど
騎手がすかさず軌道修正してました。外の手綱をしっかり押さえて
内側を開いてました。このあたりは乗馬と同じなんですねぇ。




乗馬の場合「手前を変える」っていうと進行方向を変えるっていうことが多い。
競馬のように駈歩しながら手前を変える事は「踏歩変換(とうほへんかん)」と言う。





a0093189_18354868.jpg

イラストだとなかなか分かりにくいんですけど。。
この「踏歩変換」は馬場馬術の演技項目にもなっている。
連続してやると馬がスキップしているみてぇだぞ。



で、実は私も昔バリバリ乗っていた時に踏歩変換が
出来る馬に乗せてもらっていたことがあったんだけど。




a0093189_18374121.jpg

変えてくれるんだけど…。






a0093189_18375637.jpg

その後に必ず尻っぱねされてました…( ̄▽ ̄lll)



むずかしいですねぇ。





★いつもありがとうございます。よろしければポチリ願います★

by den-bori-ken | 2009-11-23 18:42 | | Comments(20)