タグ:馬 ( 1302 ) タグの人気記事

偶然の再会ってあるんだね。



a0093189_8472.jpg


「自分の前から去っていった馬の後は追わない」

これは馬をやっている人間の間では暗黙の了解になっている。
競走馬として優秀な成績を残した馬ならともかく、ひっそりと引退した馬達の
未来には実に厳しい現実が待っているからである。
運良く乗馬になっても、一生、安心して暮らせる訳ではない。
乗馬としての素質がない、高齢、故障などで、人を乗せることが困難な馬達には
居場所がないのが現状だ。

私がもっとも思い入れのある馬、ウィンディローズ。
びびり、ずる賢い、いつも不機嫌そう。首をブンブン上下しながらの駈歩。
会員さんをよく振り落としていた。乗り味もそんなに良くはない。
小心だから障害も飛びたがらない。
ブンブン丸だからハミ受けも出来ないので、馬場馬としても難しい・・・。
唯一の長所は安定した駆歩が出来ること。なので最初の駆歩練習は
ほとんどの人がウィンディで行なっていた。

乗馬クラブの移転で所属していたほとんどの馬達が行方不明になった。
私もクラブを辞めて、別のクラブで研修生として馬に乗っていた。
風の便りで◯◯がどこどこにいるらしいとか、◯◯はどこかに行ったらしいと聞く。

それから約2年後。

クラブで運動会が行なわれる時期になった。
運動会の時はクラブの馬が総出であるが、何頭か故障中で使えない馬がいた。
それでクラブ側は新しい練習馬の導入を決める。
数日後、体の大きな鹿毛の馬がやってきた。額に大きな流星。
千葉からきたようだ。スタッフの人が乗ってみる。しかし、軽くハコウしていた。
それと物凄く重いとのこと。これじゃあ、運動会では使えないという事で
その鹿毛の馬はキャンセルした。

数日後、クラブに行くとスタッフの人に

「新しい馬来てるよ」

と言われる。掃除が終わったので、どんな馬が来ているのか見に行き驚いた。


ウィンディだった。奇跡とも言える偶然の再会である。
相変わらず、首をブンブンして不機嫌そう。手を伸ばすと耳を絞る。
こんな事ってあるんだなと思った。まさか、あっちからやってくるとは。
一期一会ではなく、まさに一期二会である。

※ウィンディは立派な障害馬になり、活躍中との事です。
[PR]

by den-bori-ken | 2007-03-21 08:32 | | Comments(10)

魅力的な馬  〜中山8R サラ4歳上500万下〜


a0093189_19335936.jpg

今日の中山8レースでとても気になる馬を発見した。
その名もリバースモードです。

なんと驚きの1年11ヶ月振りのレース。
1戦1勝。しかも前走はかなり強い勝ち方だったらしい。
2年振りのレースで体重も20キロ増えている。しかし、驚きの1番人気。
そもそも2年もレースから遠ざかれば引退させることが多いと思うが
復帰を目指したのだから、そうとう素質が高いと思われる。

その注目のレース。ゲートが開いた瞬間
大きく立ち上がり完全に出遅れる。10馬身以上の離される。
しかし第1コーナのカーブですでに馬群の後方に取りつく。
さらに3コーナーでは馬なりであがっていくではないか!!
す、凄い。本当に強い馬なんだ!!!
そして4コーナーを曲がり、最後の直線!!!

が、ここでアクシデント発生!!ガクッとなりスピードが落ちていく。
ええ〜!!?ま、まさかせっかく復帰したのに、こ、故障しちゃったの??
でも歩様が乱れてもいないし、シンガリでもゴールしたようだ。
どうしたんだろう??と思って心配していたが、リプレイを見て驚いた。

a0093189_2072010.jpg

コーナー、曲がれませんでした・・・。

どうやら逸走だったようです。横山典騎手、必死に軌道修正してました。

その後、競馬記者のヒトが言うにはリバースモードは激しい気性で
他の馬と並ぶと大変らしい。たしかに1コーナーではすんごい外を走っていた。
ただふくれたのではなくて、他馬を避けたらしい。
まあ、なんにせよ、怪我とかじゃなくて良かった。次のレースに期待しようっと。
[PR]

by den-bori-ken | 2007-03-18 20:15 | | Comments(7)