ナツとブランカの出会い 最終回

a0093189_23425964.jpg

※クリックして読むといいですよ。




ブランカは来た当初はあんなんでしたが
放牧されるように体力も戻り、馬体も大きくなってすっかり元気になったそうです。
恐らく今の性格もその頃、復活したと思われます。
そして再び、ナツと放牧した結果(以前は馬場だったが今回は外)
一気に仲良くなったそうです。
放牧地でこんなやりとりがあったのかな…と私の勝手な想像です。


さて、明日の夜、私達はそわそわしております!!
それはまた明日の日記で~。あ~わくわく。


★いつもありがとうございます。よろしければポチリ願います★
[PR]

by den-bori-ken | 2008-10-14 23:30 | | Comments(34)

Commented by 佳乃 at 2008-10-15 00:19 x
へぇ~~~、そうだったんですね。
最近では、「あ、キジさんだ~。」ってぽ~~っとしてるナツちゃんも、
最初は、ビビリやさんだったんですね。
でもでも、ブランカ、いいな^^
「守ってあげる。」って^^
思わず、じ~~~~ん、って感動しちゃった^^
ブランカ、やっぱり君は、良いやつだね。
つっぱってるけど、大好きだよ~~~~^^

最終回ですか…ちょっとさみしいな。
また、次のお話を、楽しみにしてます♪
Commented by にょろり at 2008-10-15 00:45 x
ブランカはしっかりものなんですね。
牝馬で物怖じしないってすごく頼もしく感じます。
そっかーなっちゃんは放牧怖かったんだね。
Commented by じゅんぺー at 2008-10-15 01:06 x
そうだったんですか。。。
ナっちゃんとブランカ姐さんの形勢が逆転するのはこういういきさつ
だったのですね~☆
いいお話ですね(^^)
アタシがアンタを守ってあげる。な~んて泣かせるじゃないすか(笑)
Commented by まんごろう at 2008-10-15 01:36 x
こんばんは~遅くまでおつかれです。いえーい4番目!!!
ほんとわくわくですね。(^O^)/
なんで知ってるかって?
しっしっし♪ 茨城ではもう有名です。って嘘です。
宮城がもっと近くなら絶対いくのにな~~~
スピ~おやすみなさい。
Commented by 元気・元気 at 2008-10-15 01:40 x
え?明日ナニがあるの?

すっげぇ気になる!!

あたし的には31日が待ちどうしくてたまらないんだが(≧ω≦)
Commented by くま at 2008-10-15 06:41 x
そういう展開でしたか・・・
今では、「あ、キジさんか~」とお姫様キャラしてナツちゃんも普通の馬だった、、、それが、何事にも物怖じしない、タイマーつきのキグルミきてたブランカに守られて・・・泣かせる友情物語ですね・・・

そういう意味で、以前の日記の「祝やったねエマちゃん!」が結びついてきますね~エマちゃんの「かーわーい~~!」がなかったら、このドラマは成り立ちませんから。
ブランカを拾ってきたエマちゃんやったね!ですね・・・こ~んなネタ満載の馬、、、、そんじょそこらにいませんよ。
Commented by あめンぼう at 2008-10-15 08:03 x
じゅりさん…感動してまた大泣きです。。(めんどくさいって言わないで~)
きっとそう言ったに違いないです!ブランカに感謝です♪
放牧を再開したら、今まで以上にぺったり仲良しです(^~^)

Commented by しいな at 2008-10-15 08:44 x
読み終えてブランかに懐の深さを感じましたよ。
じゅりさんサイコー。フィクションのはずなのに、本当にあったことみたいに思えてくる。
明日は何が?これ以上の楽しみが?待っていますよ~。
Commented by とばた☆大賞典 at 2008-10-15 09:43 x
じゅりさんのこのスタイルはやっぱ面白い!
個人的には「スタッフゥーー」がツボでしたw
Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 09:58
>佳乃さん
最初は放牧地に行ってもずっと走り回って
鳴き続けていたそうですよ。もちろん草も食べなかったそうです。
今まで見た事がない(?)生き物に遭遇して
びっくりしちゃったのかも知れないですね〜。

>にょろりさん
ホントに「しっかりもの」っていう言葉が
ぴったりくるようなヤツです。
彼女に任せておけば安心とえにしの皆さんも
思っているようです。ほんと姐さんですよ。

>じゅんぺーさん
ナツが慣れない放牧地で悪戦苦闘して
しょんぼりしている時、今度は姐さんが力をつけてきて
一気に形勢が逆転したようです。
ブランカのお陰でナツも放牧に馴染んで草を食べるように
なったそうですから、ブランカさすがです。
Commented by さすけ at 2008-10-15 10:08 x
こういう経緯だったんですね~なるほど。。。
「守ってあげる」かぁ~かっこいい!!
ブランカ、頼もしいですね。
ここくらいから形勢逆転したんですね(^^)
ナツも初めての場所にきて、見たこともないモノと遭遇したら
怖かったでしょうね。
Commented by もぴ at 2008-10-15 10:10 x
箱入り娘と他所で苦労してきた娘との違いというか
経験豊富(?)なブランカちゃんなら絶対安心な気がします。
頼もしい~!
でもナツちゃんビビりすぎ(笑)
Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 10:11
>まんごろうさん
この日記を何とか明日中までに!!と19時半頃から
描いていたらこんな時間になっちゃいました。
描いた後って脳がまだ活性化しているのでなかなか
寝付けないんですよ。いかんですね〜。
わくわくはまた今日の日記でお楽しみに〜。

>元気・元気さん
今日の夜なんだよっ。ふっふっふ。馬の事なんだけどね。
31日がどんだけ楽しみなんだようっ。
私はDSと元気さんが意味もなく(?)買った本を読むのが楽しみです。

>くまさん
あんだけ「かかわらないでおこう」とブランカを
追っ払っていたナツですが
ブランカの方が先輩で人生経験も色々な意味で豊富なので
すっかり一目置いたのかも知れませんね。
エマちゃんも、もちろん、えにしの皆さんに愛され
すっかりアイドル(…というにはちょっと年齢が
年齢ですけど)です。

Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 10:14
>あめンぼうさん
あ…完全にめんどうくさいですね…(笑)
それは冗談ですけどね(^ ^)
ナツとブランカの友情物語でしたっ。
あの2頭はこれからもずっとあんな調子で仲良しなんだろうね〜。

>しいなさん
えにしの皆さんには「場面を見ていないのに
よく分かるね。まさにそんな感じだったよ」と
言われました。さすがに放牧地のやりとりは
想像なんですが、きっとこんな感じだったに
違いありません(^ ^)

>とばた☆大賞典さん
こういう漫画スタイルだとカラフルで
見た目も綺麗でいいですよね。
描く時間はいつもの倍になっちゃいますけどね(^ ^::

>さすけさん
ブランカならこういう男っぽいセリフを
さらっと言ってくれるような気がします。
放牧地には雉以外にもキツネやらたぬきやらいますから
競技馬としてバリバリ活躍していたナツは
きっとさぞかし驚いて
「あたし、もしかしたらこれから総合馬術馬に
ならなきゃいけないの!?」なんて思ったかも
知れませんね(笑)

>もぴさん
ほんと、ほんとそんな感じですね。
ある意味ブランカは人生経験が豊富なので
肝が座っているというか、なんというか。
放牧地が淋しかったっていうのもありそうですね。
Commented by かずっち at 2008-10-15 10:51 x
ブランカ~目が・・・・。なっちゃんは、外の世界にひとりぼっちは怖かったのですね。雉なんて、怖いですよ私も・・・。
「守ってあげる」なんて、ブランカはすごい強い女ですね。
憧れます。

じゅりさんの、今日のブログ楽しみにしてます。
なにかな?なにかな?

今日は、田舎・・・暑いです。昨日なんて、夏日だよ!10月だよ!
25度って。じゅりさん、ど~しょおおおおおおおお。
Commented by プルタブ at 2008-10-15 11:15 x
 いや~、そういうドラマが有ったのですか!?
流石じゅりさんストーリーテーラーですね。
 (その当時)神経質なナツにはいきなりの単独放牧が応えたのでしょう。一日鳴いていたなんて可哀想・・・。本当に心細かったのでしょう、そこで「守ってあげる。」と言われたら・・・(主従決定?)
 馬生先輩で荒波?を乗り越えてきたブランカ姐さん!強かで懐が広い「肝っ玉ブランカ」!これで2人(2頭)の友情は永遠ですね!(笑)
 あ,確か競走馬でマイクロチップ埋め込みの第1号はディープインパクト号では?ニュースになってましたっけ。
 寒暖が有り不安定な気温続きですが、そちらは如何ですか?
 乗馬の季節となりましたが、虫(ハエ)も多くて・・・。
この日曜に騎乗したら、虫の集中砲火を受けて騎乗馬がキレかけました(右後肢の怪我で数日休んで元気一杯だったし)前掻きはするは、蹴り上げて来る後肢が鐙に当たるは!
 ブランカ姐さん達は虫は大丈夫ですか?
 ところで、じゅりさんの「お楽しみ」は何でしょう?地元人ではないから興味津々!!
 ユキチャンの秋華賞参戦が微妙~。今度こそ観戦出来ると思ったのに・・・。



 
Commented by GUM at 2008-10-15 13:38 x
ブランカ姐さん、なんていいやつなんだぁ~。
やっぱり、姉御肌だったんだね。

明日、何が起こるのでしょう??
気になります。
Commented by パピイ at 2008-10-15 14:42 x
へぇ~そんな過去があったんですね。一言で言うと感動です(^v^)
Commented at 2008-10-15 14:44 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 15:27
>かずっちさん
雉って私、宮城県に来て初めて近くで見たのですが
かなりでっかいんですよね。
それにいきなり飛び立つから馬は余計に
怖いですよね〜。
しかし25℃ってかなり暑いですね…。
半袖で十分ですな〜。

>プルタブさん
この状況で「守ってあげる」なんて言われたら
「うん」って思わず言っちゃいますよね、きっと。
そのお陰(?)かナツはブランカとの放牧で
すっかり落ち着いて来たそうですよ。
守ってもらえてると安心したのでしょうね。

宮城県でもまだ虫たちが馬のまわりを
飛び交っています。しつこいですね〜。
あとちょっとの我慢だと思うんですけどね。

>GUMさん
本当に姉御肌ですよ、まさに。
彼女に任せておけば大丈夫!って感じです。

>パピイさん
私も2頭の出会いを知らなかったので
聞いていてとっても感心しちゃいましたよ♪
これは漫画にしない手はないですよね。

>14:44のカギコメさん
早急に対応しましたよ〜。ありがとうございました(^ ^)
Commented by ことり at 2008-10-15 15:31 x
良い話でした。プリントアウトして『オレっち』と一緒に保管保管。
私もブランカさんみたいなお姉さん欲しかったです。一番上なもので。
Commented by ponypony at 2008-10-15 17:13
色んな経緯が分かってとってもとっても面白かったです♪
見たこと無いものは怖いですよねー誰だって!(しょっちゅう見てるくせに毎度ビックリさんもいますけど☆)
放牧地には雉が出るんですね、なんか凄い!って思いました。
雉は出ませんが、うちのクラブで何故か孔雀飼ってるのでたまに大きな声で鳴いてはレッスン中の馬を驚かせてます(笑)
Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 17:15
>ことりさん
ありがとうございます!私も1番上なので
お兄ちゃんやお姉ちゃんという存在に憧れてました。
分かりますよ、その気持ちっ!

>ponyponyさん
え!!??((;゚Д゚))
く、孔雀ですか!!??いや、もうそっちの方が
雉より全然、凄いと思います!(笑)
派手だしオスだと羽をばーっと広げますよね〜。
めっちゃ驚きそうですね、それ。
Commented by のり巻 at 2008-10-15 17:16 x
あっという間に最終回!もっと読みたいです!
お馬達の会話、じゅりさんすごいですよ、ドリトル先生みたい!
Commented by den-bori-ken at 2008-10-15 17:17
>のり巻さん
最終回になってしまいました〜。
長く描きたかったですが、こういう感じで
あっという間に馴染んだと思われますよっ。
ドリトル先生!いいですね〜。ほんと話せたら
もっともっと漫画が描けるのにっ。
Commented by パピイ at 2008-10-15 18:42 x
じゅりさんの本がもっと出たら嬉しいです。一冊五千円でもかいたいっ
Commented by べりべり at 2008-10-15 19:20 x
うーーーん~・・・もっと読みたいですよーーー
でもきっとこれからも、ブランカ姉さまの話題はたくさんありそうなので楽しみにしてます。
「あたしが守ってあげる」 いいセリフです。ブランカらしいね。(うん納得!)これからもきっとナツはブランカに守られて可愛い仔っこを産むんだろうねぇ。ホンワカします。
Commented by ぱんだ at 2008-10-15 20:13 x
はあああ〜、なんかほんわかしちゃいました。
いい話だな。
じゅりさんが愛情を持って縁さんの馬達を見ているから「そんなかんじだった」のが分かるんですよ〜。
Commented by 空飛ぶ絨毯 at 2008-10-15 20:19 x
さすがブランカ。馬も人間と同じで元気が出てくると気が大きくなるんですねぇ。前に出ていたブログではナッちゃんは“なんだー、キジさんかー”のコメントでしたが、そこに至るまでにはブランカのサポートがあったんですねぇ。・・・ところで、ブランカは、いつエンジェルからブランカになったんですか?
Commented by いくっち at 2008-10-15 20:38 x
あの…わたしにもブランカ姐さんを派遣してください!!笑。
なんか、人生がっしり乗り切れそうな気がする。爆。
そうか、それでブランカ姐さんに草の食べ方も習ったのね、なっちゃん。
いや〜、この2頭もすてっきーな出会いでしたね♪
Commented by すけさん at 2008-10-15 21:24 x
馬同士どんな会話してるのかなぁ?
と、いつも気になります。
見ていると、明らかにお互い影響を受けてそうですもんね〜。
Commented by カンコ at 2008-10-15 22:00 x
心細いときに「守ってあげる」なんて言われたら泣いちゃいますね。
ナツさんも嬉しかっただろうし、ブランカ姐さんも友達が出来てよかったし。
みんなが幸せなエンディングなんて、とってもすてきな絵本のようです。
ふたりとも、エマさんに感謝♪ですね!
Commented by den-bori-ken at 2008-10-16 09:41
>パピイさん
1冊5000円ですかっ!!
それは破格な値段でございますね。
また本が出せるように頑張りますね。

>べりべりさん
ブランカが生きている以上、ネタは増え続けますから
大丈夫ですよ(^ ^)
ナツの出産もきっとブランカがサポートしてくれると
思います。なんせブランカは何気に2頭も
仔を産んでいるんですよ。

>ぱんださん
えにしさんに入り浸るようになって
まだ1年経っていないのですが、ほんと良くして
頂いているので馬も近くでじっくり観察できますし
本当に感謝です。普通は勝手に馬房に入ったり
したらいけませんものね(^ ^::

>空飛ぶ絨毯さん
たぶんブランカがえにしやってきてから
「エンジェル」から「ブランカ」に命名したと
思われます。「白」って意味を連想させる
名前だそうですよ〜。
Commented by den-bori-ken at 2008-10-16 09:45
>いくっちさん
派遣してあげたいくらいです。
ブランカなら「占い」とか「人生相談」とか
出来ちゃいそうですよね(笑)
草の食べ方とか色々と「放牧でのお作法」を
教えたのでしょうね、きっと。

>すけさん
絶対に馬同士ってそれこそ人間のように
会話していると思うんですよねっ。
何となく表情やしぐさ、雰囲気で分かりますよね〜。

>カンコさん
そうですよねっ。ナツはきっと心強かったと
思います。先日、ナツ、ブランカ、ドンと
3頭で外乗に行ったそうですが、ナツとブランカが
ぴったりくっついてかるくドンには
「あら、あんたいたの?」状態だったそうですよ(笑)

<< 今日から新人、入りま〜す!!    ナツとブランカの出会い その3 >>