「ほっ」と。キャンペーン

縁がないのかな・・・?


a0093189_7205559.jpg

夫が高校3年生の時。どこの大学に行こうか悩んでいた。
すると青森にある某大学のパンフレットに

「馬術部」

の文字が。夫は当時、横浜に住んでいた。しかし、意を決し
青森の大学を受験する。そして面接の時。
夫は驚きの事実を知る。

a0093189_723728.jpg

「うちには馬術部ないですよ」と言われる。

そして見事に大学に受かる夫。寮に入り、4年間在学する。

月日はさらに流れる。夫、就職活動。
馬に対する情熱はますます強くなっていた夫。
将来は馬関係の仕事をしようと決意する。
そして都内で行なわれた会社説明会に出席する為に、青森から上京した夫。

a0093189_7343025.jpg

会場に到着。どこでやっているか分からなかったので
係員の人に尋ねてみると・・・


a0093189_7351682.jpg

「説明会は昨日でしたよ」夫、説明会の日付を間違える。

その日は青森にとんぼ返りをしたそうな。

どうも馬に縁がなかったのかな?ちなみにこの話をずっと描きたかったのだが
夫が許してくれなかった。「描いたら離婚だ」とまで言われている。
というよりこの話だけじゃなく「オレをネタにすんじゃない」ということらしい。
でも、それは、ほら。イラストレーターを妻に持った定めという事で。
許して下さい、ご主人様m(_ _)m


a0093189_7452261.gif←夫、どんまいって思った方はクリック願います!
[PR]

by den-bori-ken | 2007-04-20 07:51 | | Comments(13)

Commented by ココ at 2007-04-20 09:49 x
どんまい!いや~ここまで縁がないのも(笑)というか「ご主人、しっかり!!」ですねぇ。
ご主人様のネタは本当は相当、あるんじゃないんですか?
し、知りたい!お許しが出るといいですね!
Commented by ヤンヌ at 2007-04-20 10:09 x
そうゆうことって 私もあります 自分が悪いから当たる事も出来ない
自己嫌悪に陥って・・・なぐさめもイタイ  笑
でもそうゆう過程がなかったらじゅりさんとも出会ってなかったりして・・・
不思議ですね~縁って
Commented by totoma at 2007-04-20 10:42 x
だ、大丈夫なんですか??載せちゃって!離婚の危機にもおくさないなんて、どんなイラストレーター魂ですか(笑)ご主人の色々なお話、ぜひ知りたいですね~^^
Commented by なっくん at 2007-04-20 12:12 x
「馬術部あり」の文字は一体なんだったんでしょうね~?
だけど馬術部が無かったのに、旦那さんはよく青森の大学にいきましたね!
ご両親がびっくりされたんじゃないですか!?
馬好きな旦那さん。これから先、突然『やっぱり馬の仕事をする!!』
とかは・・・言い出さないかな・・・??
Commented by den-bori-ken at 2007-04-20 12:31
>ココさん
励ましのお言葉、ありがとうございます。
夫は私とは違って決して馬鹿なことを自分からしないタイプです。
なのでちょっとした事が最高に面白いことがあります。

>ヤンヌさん
そうですよね。もし、これで説明会に行けていて、就職していれば
きっと私達は出会わなかったと思います。本当に不思議です(^ ^)

>totomaさん
だ、だ、大丈夫です(自分に言い聞かせております)
もしこれが原因で離婚になったら私が慰謝料を払わないと
いかないのだろうかと、小心なのでちょっと悩みます。

>なっくんさん
馬の仕事ってなった時に私は「競馬」夫は「乗馬」の道を
選びました。この大学は推薦で入ったらしく、面接して受かれば
入学せざるを得なかったそうです(^ ^::
その後、夫は別の乗馬クラブで働いて、そこで出会ったんですよ。
今は「乗馬は趣味にとどめておく方が良い」と本人は思っているようで
馬の仕事はしないと思われます(^ ^)
Commented by takako at 2007-04-20 13:19 x
う〜む。わかります。ご主人のお気持ち。
私なんぞ、小学校の時に皇居内でのお泊まりで馬場で馬に乗っている人をずーっと眺めていても、当時行っていた高校の大学に馬術部があっても、大学受験の時に馬術部のある大学に受かっていても、、、
まだま〜だ馬の世界に気づかなかったボケです。
それが、今はすっかり馬にはまってしまっています。
でも、おかげでじゅりさんとはお知り合いになれたのですがね!
Commented by den-bori-ken at 2007-04-20 18:04
>takakoさん
そんな恵まれた環境だったのに乗馬に興味を示さなかったのですね!?
今思えば、 なんて勿体ない!でしょうか?
でも乗馬はいくつになっても始められるスポーツですものね(^ ^)
私も夫と出会っていなければ乗馬はしていなかったと思います。
ということはこうして馬のイラストを描く事もなかったでしょう。
ネットを通じて色々な方とも知り合えてますし(^ ^)
夫に感謝ということですね♪
Commented by いくっち at 2007-04-20 20:14 x
許してください、ご主人様!
みなを笑いの渦で包んで、幸せにしたってことで!
しかし、運も縁も、望んで手に入るとは限りませんね~。
私は男性との縁が欲しい!
自分の話かよっ!
お後がよろしいようで…。
Commented by den-bori-ken at 2007-04-20 20:25
>いくっちさん
タイミングなんでしょうね〜。
神様が「そっちじゃないよ、こっちだよ」って
開き手綱をしたのでしょうね(笑)
Commented by いくっち at 2007-04-21 00:58 x
>開き手綱
↑これ、爆笑!でした★
Commented by den-bori-ken at 2007-04-21 12:07
>いくっちさん
ここは「押し」じゃなくて「開き」ですよねっ(^ ^)
Commented by にょろり at 2007-04-21 20:10 x
すごい・・・・ある意味ミラクルですね。
きっとこれから、ご縁というのかタイミングが来るはずです。
がんばってくださいね♪
Commented by den-bori-ken at 2007-04-21 21:16
>にょろりさん
ミラクルもいいところですよね。
また趣味で乗馬を楽しみたいと夫は目論んでいるようですよっ。
今度は大丈夫かいささか不安です。
予約の日とかを間違えたりしないかな…。

<< 妹のこと    いわやんの悲劇 〜リターンズ〜 >>