オレッチのお話


a0093189_819343.jpg

画像をクリックして読んでね


漫画の中でモヤシ野郎君が舌打ちのようなことをしていますね。
これは「舌鼓(ぜっこ)」と言います。
馬への合図です。これで馬に「歩け」「走れ」などを促します。
最後に「ホーホー」と言っているのは
馬を落ち着かせる時に使われる言葉です。

競走馬にもゼッコを使う事があるようですね。
乗用馬になる為にまずは人の合図に従うことを教え直します。
初めは混乱して走り回る馬もいますが、時間をかけて優しくゆっくり接すれば
馬も理解し、乗用馬としての第一歩を踏み出します。
この調教を毎日続けることで馬と人との間に信頼関係が出来上がります。
おや?オレッチももやし野郎君に徐々に心を開き始めたようですよ。
頑張れ、オレッチ。



a0093189_8263314.gif←オレッチ頑張れ!投票願います。
[PR]

by den-bori-ken | 2007-04-06 08:31 | オレっち | Comments(15)

Commented by ココ at 2007-04-06 10:34 x
あぁ~このいい感じのあめとムチが出来ればいいのになぁ。いつも、飴ばかりやってしまうから、馬に認めてもらえないのだろうか?と思いました。
舌鼓って難しいですよね。私は未だに「ギッギッ」ではなく「チッチッ」です。舌がつりそうになりますね。
オレッチが、新たなステージへ第一歩を踏み出しましたね。クラブの調教を写真で見たことありますけど、じゅりさんの漫画通りだったので面白かったです!
Commented by あやぶぅ at 2007-04-06 11:05 x
いつも楽しく読ませてもらってます☆
オレっちが段々と心を開いていく様子がおもしろいです♪
ほんと、うちのスピおに似てる・・・。
親近感UPですね(笑)
Commented by なっくん at 2007-04-06 12:56 x
牧場時代に休養明けの馬を調馬索かけるんですけど、だいたい暴走してました(笑)
ホーホーと言っても聞く耳持たず・・・
走りたくて走りたくて仕方が無い!!って感じですもんね。
逆に、走らせようと思って距離を置いたらこっちに突っ込んでくるやつもいましたね(苦笑)
オレッチともやし先生の距離も段々と縮まってきましたね!!この2人が名コンビとなる日も近いかな??
Commented by にょろり at 2007-04-06 17:59 x
「なぐったね、父さんにも殴られたことが無いのに。」
という某アニメのせりふが鞭で打たれたオレッチから連想してしまいました。^^
競走馬も舌鼓使うんですねー、なるほどー!
もやし先生、オレッチがんばれ。
Commented by とばた☆大賞典 at 2007-04-06 19:34 x
ワタクシ、競馬玄人の乗馬素人です。
なるほど、こうやって慣らしていくんですね~
いやいや、勉強になります...
Commented by bell mama at 2007-04-06 21:05 x
過去の調馬索での数々の苦しみを思い出してしまい、
自分がモヤシ野郎なのかオレッチなのかわかんないくらい
切なくなりました・・・・こんな風にオレッチみたいに「いつの
まにか嬉しくなっちゃた」って思ってくれてたのかなぁ、馬達。
彼らの言葉がわかんないから無謀にできていたことと、
聞こえない言葉を聴こうとするから苦しくなることとが
あるんだよねえ。
Commented by den-bori-ken at 2007-04-06 22:04
>ココさん
言葉や漫画では簡単に飴と鞭を書けますが、実際にそれを
判断して、行動を移すのはやはり経験ですよね〜。
鞭の時に飴をしては大変なことになりますもんね。

>あやぶぅさん
だんだん、心を開き始めたオレッチです。
こうやって信頼関係が出来上がるんですね。
スピおとなっくんさんの信頼関係も相当深いでしょうね〜(^ ^)

>なっくんさん
競走馬にも調馬索をすることがあるんですね。馴致の時だけなのかと
思っていました〜。勉強になるっす。
前にいたクラブでは前ガキして、突っ込んで来たそうで
まるで闘牛のようだったとの事です(^ ^::

>にょろりさん
そのセリフ、本当は入れようかと思ったんですよ〜!!
さすがですね、にょろりさん。今度は先生の名前がすっかり
もやし先生です(^ ^::


Commented by den-bori-ken at 2007-04-06 22:04
>とばた☆大賞典さん
全力疾走するように調教されている競走馬達が
初心者の方が乗ってもゆっくり走るように再調教されます。
人や乗馬クラブによって調教の仕方はそれぞれなんですが
でも皆さん、一生懸命で苦労されていると思います。
続きをまた是非、読んで下さいね。

>bell mamaさん
初めはオレッチみたいに「騙したな〜」とか
合図が理解出来なくて、パニックになったりしちゃってると思うんですが
段々、出来るようになって、段々、信頼関係が出来て。
馬にも気持ちがある分、人も色々考えて、悩むのでしょうね。
そこが難しい部分でもあり、乗馬というスポーツの素晴らしい
部分でもあると思います。
Commented by aki_baru7sky at 2007-04-06 22:27
ぷはははっ(^▽^)
そうなのよね~~っ、あいつらったらほんと言うこと聞かないんだけど、
ちょっとほめてあげると、きょとんっと、へんにお惚け顔して、
可愛いんだよね~~~(≧∇≦)
子供みたいで、そんなところが馬の魅力のひとつですよね。
それにしても、ほんと馬のイラスト、上手だわ~~♪
Commented by いくっち at 2007-04-06 22:28 x
オレっち、やった!頑張れ!
最後のコマにじ~んとしました。
信頼関係って、こんなところから始まるのですね~。
自分の馬を持って初めて調馬索をやるようになりました。
乗っているときももちろんですが、調馬索でも
馬の調子と考えてることと出来ることと、こちらの要求と欲望と(?)…。
バランスをとるのに試行錯誤中です。
もやし野郎君、なかなかやりますな。「平常心、公正、厳格」ですね!
Commented by パカ子 at 2007-04-06 23:00 x
なんだか オレッちってうちでお預かりしているガリバー君に似ていて笑っちゃいます。

調馬索って見てるのとやってみるのでは全然違うんですよね。
う~ん、難しい。
私はドサンコの調馬索で目がまわって困ってます。

乗り馴らしをやっていたころは、2歳馬を馴らすのにまず、調馬索が効果的でした。
調馬索はの習性を上手く利用して、馬が私は赤ちゃんです。許して!あなたに従います!というサインを出させることができます。
また、新馬ほど、声の合図をよく憶えるものですね。


Commented by den-bori-ken at 2007-04-07 07:42
>aki_baru7skyさん
「きょとん」と「むかむか」のオンパレードですよね(^ ^)
でもやっぱり褒められれば嬉しい!というのは馬も同じようです。
昔はもっともっと下手だったんですよ、馬のイラスト。
夫に「本当に上手くなったよな」と褒められます(^ ^::

 >いくっちさん
調馬索ってぐるぐる回るだけですが、馬と人との
心理作戦が激しく展開中ですよね。もやし野郎君もああみえても
立派なインストラクターですので、動かないオレッチには
厳しいですよっ。

>パカ子さん
オレッチと同じ状況の子がいるんですねっ(^ ^)
乗り馴らしをする時に馬が口をクチャクチャさせたら
こっちのもんですよね!実際、見た事はないんですけどね〜。
1度、見てみたいな〜。
Commented by totoma at 2007-04-07 10:16 x
おれっち可愛いな~^^それよりも、なかなかの腕前!さすが、インストラクターさんですね^^
Commented by ゆずポン at 2007-04-07 16:32 x
乗馬クラブで今ちょうど競走馬だった子を調教しているのを見かけるんですが、
見るたびにオレッちを思い出して笑ってしまいます。
きっと調教されているお馬さんもこんな気持ちなのかな・・・?
続き、楽しみにしてますね。
Commented by den-bori-ken at 2007-04-07 18:15
>totomaさん
ここはもやし先生にオレッチをお任せしましょう!!

>ゆずポンさん
そうなんですか〜。オレッチみたく意地っ張りじゃないですか??
栗毛くんみたいに素直だと良いですね(^ ^)

<< 原さん、覚えてらっしゃいますか?    このCMが >>