偶然の再会ってあるんだね。



a0093189_8472.jpg


「自分の前から去っていった馬の後は追わない」

これは馬をやっている人間の間では暗黙の了解になっている。
競走馬として優秀な成績を残した馬ならともかく、ひっそりと引退した馬達の
未来には実に厳しい現実が待っているからである。
運良く乗馬になっても、一生、安心して暮らせる訳ではない。
乗馬としての素質がない、高齢、故障などで、人を乗せることが困難な馬達には
居場所がないのが現状だ。

私がもっとも思い入れのある馬、ウィンディローズ。
びびり、ずる賢い、いつも不機嫌そう。首をブンブン上下しながらの駈歩。
会員さんをよく振り落としていた。乗り味もそんなに良くはない。
小心だから障害も飛びたがらない。
ブンブン丸だからハミ受けも出来ないので、馬場馬としても難しい・・・。
唯一の長所は安定した駆歩が出来ること。なので最初の駆歩練習は
ほとんどの人がウィンディで行なっていた。

乗馬クラブの移転で所属していたほとんどの馬達が行方不明になった。
私もクラブを辞めて、別のクラブで研修生として馬に乗っていた。
風の便りで◯◯がどこどこにいるらしいとか、◯◯はどこかに行ったらしいと聞く。

それから約2年後。

クラブで運動会が行なわれる時期になった。
運動会の時はクラブの馬が総出であるが、何頭か故障中で使えない馬がいた。
それでクラブ側は新しい練習馬の導入を決める。
数日後、体の大きな鹿毛の馬がやってきた。額に大きな流星。
千葉からきたようだ。スタッフの人が乗ってみる。しかし、軽くハコウしていた。
それと物凄く重いとのこと。これじゃあ、運動会では使えないという事で
その鹿毛の馬はキャンセルした。

数日後、クラブに行くとスタッフの人に

「新しい馬来てるよ」

と言われる。掃除が終わったので、どんな馬が来ているのか見に行き驚いた。


ウィンディだった。奇跡とも言える偶然の再会である。
相変わらず、首をブンブンして不機嫌そう。手を伸ばすと耳を絞る。
こんな事ってあるんだなと思った。まさか、あっちからやってくるとは。
一期一会ではなく、まさに一期二会である。

※ウィンディは立派な障害馬になり、活躍中との事です。
[PR]

by den-bori-ken | 2007-03-21 08:32 | | Comments(10)

Commented by あやぶぅ at 2007-03-21 16:19 x
すごい!!運命を感じちゃいますね((o≧∀≦))
うちの愛馬も引退後どうなるのかすごく不安・・・。
行方不明にだけはならないでほしいといつも願っています☆
Commented by なっくん at 2007-03-21 18:26 x
これは感動的ですね!!こういうパターンで再会出来る事なんてまず無いと言ってもいいでしょうからね。
僕は今から『スピお』が引退した後の事を考えてしまっていますが・・・
競走馬の抹消欄の用途「乗馬」=ほとんどが乗馬では無いというシビアな現実も分かっているし、稼げない馬は処分されるというのも分かって世話をしているつもりです。
だからこそ、後悔のないように出来る限りのケアはしてあげたい!と常に思ってます。
あっ、今週「スピお」が阪神で走るんで応援してくださいね♪
Commented by ココ at 2007-03-21 18:30 x
ええ、話や~。ブンブン丸が障害で活躍することを願うばかりです。

再会をされたことは、オーラ的に言うと「偶然ではなく必然」と言う感じでしょうか(笑)
Commented by パカ子 at 2007-03-21 18:42 x
経済動物といわれる馬や牛など大型動物の運命は過酷です。
愛玩動物と違って一生面倒みることはお互いしんどいことだと痛切に思います。だからこそ一緒に居る間、彼らが幸せであるようにしてあげたいです。
我が家の馬たちも年をとって来ましたが、先の事を考えると心配ばかりになるので、今を大切に!日々過ごしています。
ウィンディ君はいろんな所に行って成長してきたんですね。
よかったね。

リンク、ありがとうございます!
Commented by totoma at 2007-03-21 20:01 x
それはすごいですね~!馬に関わり続けていれば、そういう奇跡も起きるんですね・・・。感動的です!
Commented by ジョウ at 2007-03-21 23:02 x
本当にすごいです!別れたお馬さんと再会するなんて!
しかも元気にしていたなんて、嬉しいですね♪

実際、今自分がお世話になっている馬達がもしいなくなったら、特に思い入れのある子だったら、私はどんな行動をするだろう…って考えてしまうことがあります。うちのクラブの場合、ほとんどが病気による別れですが…。
Commented by ぴょんこ@にょろり at 2007-03-21 23:44 x
すごいですね、そういうことあるんですね。
しかも今は立派な障害馬になってるなんて、伺っていてなんだかうれしい限りです。
Commented by den-bori-ken at 2007-03-22 08:09
>あやぶぅさん
「本当にウィンディかな?」って何度も確認しました。
丸い顔、脚の白に黒の斑点。間違いないっ!!って確信したときは
感動で体が震えました〜。

>なっくんさん
本当ですよね。競走馬は1勝するだけでも大変ですよね。
なっくんさんのように優しい方に世話してもらえる馬は幸せですね。
スピおが走るんですね!!これは必見ですね!

>ココさん
徳光さんなら恐らく涙を流すでしょう(笑)ブンブン丸って
呼び方可愛いですね。ニックネームにしようっと。

>パカ子さn
スモールライトが欲しいですよね(現実逃避)
そしたらいくらでも飼えるのにな・・・。昨日、やっとリンクの貼り方が
分かったんです(^ ^::遅くなっちゃってすいません!!

Commented by den-bori-ken at 2007-03-22 08:09
>totomaさん
クラブの会員さんにお話したら
「そういう話はめったにないよ。すごい確率だわよ」と言われました。
確かに!

>ジョウさん
自分が持っている馬ならその馬の将来は自分が決められますが
クラブの馬ですと、気づくといなくなってたりとかしますよね。
かと言って自分が飼うってのもすっごく勇気のいることですよね。
乗馬がもっと普及すればいいのにな〜と思います。

>ぴょんこ@にょろりさん
こういう嬉しい話は聞くだけで「良かった〜」って思えますよね。
映画「ブラックビューティー」でも同じような内容なんですが
まさか自分の見に起こるとは・・。
Commented by いくっち at 2007-03-23 00:26 x
えぇ話や~。
うちの子は、他のクラブでほしいという人がいて、4日悩んで自馬にしたんです。
別れたら、一生会えないと思ったもので。正しい選択だったなと、今も思ってますが。
(本人…もとい本馬はどうかわからないけですけど)
本当に、素晴らしい再会でよかったですね~~~。感動。

<< Can't Stop ...    親子のキャッチボール >>