親子のキャッチボール


a0093189_13554558.jpg

町田に住んでいた時の話。
夫と近くの大きな市民公園に出かけた。休日で天気も良かったので
多くの家族連れで賑わっていた。その中ですっごく可哀想な親子を発見。

恐らくまだ小学校には入学していない子供さんだと思うのだが
お父さんとキャッチボールをしている。
しかし、子供さんはまだちゃんとボールを投げられない。
投げてもコントロールが悪くて、ボールはあっちいったり、こっちいったり。
始めはそんなもんです。そうやってだんだん上手くなっていくんです。

そしてボールは逸れてお父さんの後方に転がって行った。
するとお父さん、ため息をつきながらこう息子に言い放った。

「おい、◯◯。お父さん、無駄なことはしたくないんだよ〜。
ボールを取りに行く時間がもったいないじゃないか」


ええ〜!!?気持ちは分かるけどさ〜それを本人に言うか〜!!??

それをうっすら笑いながら言うお父さんに私達、夫婦はかなり唖然。
子供さんも「あ、ごめんなさい・・・」とか細い声で謝っている。
もう、絶対に暴投出来ない子供さん。なんて可哀想なキャッチボール。
なんなら、お父さんの後で、私達、守りましょうか?って話です。

あの子どうなったかな。どうかお父さんは嫌いになっても
野球を嫌いになってはいませんように・・・・。
[PR]

by den-bori-ken | 2007-03-19 14:07 | 生活 | Comments(9)

Commented by なっくん at 2007-03-19 19:04 x
これはひどい!!僕なら「そんな事言ったら子供が可愛そうやな」
って嫁に話すふりして、そのお父さんに聞こえるくらいの声の大きさ
で言ってしまいそう・・・
子供が萎縮したら、余計に上手く投げられないですよね!
Commented by ゆずポン at 2007-03-19 20:58 x
そんなに動きたくないんでしょうかね。一緒に走って、ボールを追いかけてこその親子のコミュニケーションなのに・・・
↑のなっくんさんのように聞こえるように
「体が重いのかな~~?もっと走ったほうがいいんじゃな~い?」
って言ってしまうかも。
ほんとにかわいそうです。
Commented by 元原邦子 at 2007-03-19 22:13 x
このエピソード、本当に痛々しいね。
オカさんが言われたのなら、ピエロ感増幅で面白いけどさ。
ただの子供にはハードルの高い言葉だよ。

暴投が許されないって、日常的に暴投を繰り返す子供という生き物
にとっては、生きることを許されないってのに等しいよねー。
町田も怖い町だね~。
Commented by ユイサン at 2007-03-20 00:04 x
うわーせつないー・・・ひどい!!
これ社会人になってから上司に言われるようなセリフじゃないですか~
それを小学生にもなってなさそうな小さな子にいうなんて非情な親だ・・・
反面教師ですね。自分の子供には楽しくキャッチボールさせてあげたいと思います。
Commented by いくっち at 2007-03-20 01:00 x
え~~。ひどい話ですね。
こうやって抑圧されて子供時代を過ごすと、大人になってすごく反動が来る気がします。
「いい子だったのに」って言われる…。
こわいな~。なんか親が狂ってますよぅぅぅ。
Commented by den-bori-ken at 2007-03-20 07:48
>なっくんさん
本当です。お父さんに気を遣う子供さん。見ていて本当に
可哀想だな〜と思っちゃいました。

>ゆずポンさん
お父さんは見た目は証券マンみたいな、きちっとしたサラリーマン風の
方でした。こんなんだったらやらない方がましですよね〜。

 >元原邦子さん
お久しぶり!!むしろ代わってあげたかったくらいです。
暴投=子供ですよね。町田って恐ろしい町だったんですね。

>ユイサン
きっと子供さんは今頃、サッカーでもやってるでしょうか・・・。
でもサッカーもボールを使ったスポーツですから、ま、まさか。
また同じ事の繰り返しなんじゃ・・・。心配です。

>いくっちさん
これ、お父さんが同じようなことを言い続けたら子供さんも
きっと「じゃあ、もういいよ」ってなりますよね。キャッチボールに限らず
普段の生活でも同じような発言をしてるんでしょうかね〜。
Commented by さっちゃん♪ at 2007-03-20 11:48 x
そのお父さん きっと病気かなんかでもう時間が残ってなかったんだ!
きっとそうだ!
そうじゃなければ、本当の男のかっこ良さの見せ場を知らない人なんだ!
きっとその親が年を取ったときに 子供にこういわれますね
『早くしてくれよ 時間が勿体ないだろ!』
間違いない! 
Commented by totoma at 2007-03-20 16:09 x
僕の父は少年野球の監督をもう20年近くやってて、よくキャッチボールをしてもらいましたよ。僕なんか、最初どうしても前にボールが投げれず、後ろにいってましたよ。このお父さんは子供の可能性を潰しちゃったですね~!松坂級の逸材かもしれないのに。
Commented by den-bori-ken at 2007-03-20 19:36
>さっちゃん♪さん
せっかちさんなんですかね〜。子供さんがお父さんに似ない事を
祈るばかりです。

>totomaさん
奇遇ですね。うちの父も少年野球の監督でしたよ〜(^ ^)
野球の時は「親子」ではなく、選手と監督でした。
グランドではお父さんに「おがわ」って名前で呼ばれてました!

<< 偶然の再会ってあるんだね。    魅力的な馬  〜中山8R サラ... >>