丸森サイクルフェスタ2017に参加してきました!

a0093189_09511246.jpg
まずはお知らせですね。今週から東京競馬場の開催になりますね。
楽しいイベントが盛りだくさんです。
10/7(土)に実使用レースゼッケンと限定グッズがセットになって発売されます!
上半期、東京競馬場でGIを勝利した馬たちのトートバックです。
(ゴールドドリーム、アエロリット、アドマイヤリード、ソウルスターリング
レイデオロ、サトノアラジン)
限定で350セットです。

10/28(土)は天皇賞(秋)の過去10年の歴代優勝馬の
マグカップ(2個セット)がついてきます。メイショウサムソン〜モーリスまで。
こちらは限定で300セットです。

どちらも開門からの発売になりますのでどうぞ、お早めに!!

また10/7〜10/29まで「競馬マンガ展」がイーストホールにて
開催されます。「おがわじゅり21世紀名馬列伝」と「元競走馬のオレっち」
も展示されますのでどうぞご覧ください。

詳しくはJRAのホームページをごらんください


さてさて、昨日は色々とイベントがたくさんありましたね。
ここからは自転車のお話です。長いよー。

自転車に乗り始めて早、1年。念願だった「サイクルイベント」
に初めて参加してきました!
「丸森サイクルフェスタ」というイベントです。今年で5回目だそうです。
非常に人気なサイクルイベントのようでエントリー開始10分〜20分で
受付が終了してまうくらい人気らしいです。早起きして(午前6時からエントリー受付)
パソコンを立ち上げて、見事、エントリーできたんです。

ショートは40キロ、ロングは78キロです。
タイムレースなどではなく規定時間内(5時間)に走り切るのがルールです。
仮装して参加してもいいという実に楽しそうなイベント!
本当はというと78キロにエントリーしてみたかったのですが
その日、夫や子供も見に来てくれるということで
私が乗っている間、ずっと待っていなきゃいけないので短い
40キロにエントリー!ま、いいよね。最初だし。

朝、6時に家を出て7時に丸森町役場に到着!!

a0093189_10110700.jpg
今夜は凱旋門賞ということでわたくしはサトノの勝負服を着て
走ることを決めました!!
しかし、このド派手な洋服が競馬を知らない人からしたら珍しかったのか
途中で見知らぬ方から「ブラジルの人かと思った」と言われました(笑)
(緑と黄色がブラジルの国旗とかぶったから、、、)

a0093189_10135295.jpg
スタート前です。今回はプロのライダーの方も2名ゲストで参加されてました(ロングの方)
先にロングの方たちからスタートして、その後、ショートのスタートです。
こんなにたくさんの自転車が一気に見れて大興奮!!!

a0093189_10164932.jpg
そろそろ出発が近くなってきました。ドキドキワクワク!!

a0093189_10172835.jpg
地元の小学生のチアリーダーの子達が笑顔で
「いってらっしゃーい」と見送ってくれます。

a0093189_10181488.jpg
はい、出発ーーーー。後ろにはベジータが!!!

本当に天気が良くて気持ち良いですねー。
町の人たちが沿道に出てきてくれて
「ガンバッテー」と声をかけてくれたり、手を振ってくれます。

a0093189_10194350.jpg
10キロほど走って第1エイド(休憩所)
丸森町の美味しいものをいただきながら、みんなでサイクリングできるという
本当に素晴らしい企画です。

a0093189_10210657.jpg
宮城といえばずんだですね。甘くておいしー!!

a0093189_10215063.jpg
ジャガイモのあんかけと紫蘇ジュース。おいしい!!!


この後も順調に走り続けます。
乗っている時の写真も撮ればよかったなーと思うんですけど
なかなか止まって撮るのが難しいというか
後ろから他の人もどんどんくるのであんまり止まったら
悪いかなって思って撮れませんでした。
次は撮ろうっと。


a0093189_10254848.jpg
第2エイド(14キロ地点)では冷たい麦茶やおにぎりやスイカなどを
いただきました。

平坦な道が続いて「ラクショーだなこれは」って思っていました。

しかし、第2エイドを出るときに
沿道にいる人たちが「ここからが大変だよー」って教えられ
え?そうなの????と思っていたら

本当に大変だった、、、、、、、。

小さい登りと下りがずっと続いて
ジュリノダイヤモンドは非常にバテました。
私、登りはまぁまぁ、同じペースでいけるんですが
下りが苦手(怖いんですよ)なんですよね。
速い人は下のスピードを利用してそのまま登りに向かうんですけど
私、下りはゆっくり下るので(京都競馬場的な?)スピードが出ないので
上り坂がなかなか大変でした。

ヘロヘロになりながら第3エイド。


a0093189_10293092.jpg
フルーツやコーヒーやいなり寿司なども頂きました。
ひと山越えたーと思いきや係りのひとから
「この後がすごい山だから!!」

えーーーーー´д` ;

この後、すごい山があると脅されながらスタート。

ほ、ほ、本当にすごい山があった、、、、、。
頑張って登ったけど、最後の最後の坂がすっごい急で
心が折れて降りて自転車をおしました。

頂上の50メートルくらい前から再騎乗して
頑張って登り切りました!
みんな当たり前ですけど、息、ゼーゼー言いながら一緒に走るので
なんかもう、一緒に辛いことを味わって戦友みたいな気分です。

この後はずーーーーーっと下り。

気持ちーーーーー!って言いながらシャーーーーーーって
下りました。


a0093189_10344450.jpg
第4エイド。(35キロ地点)
お水、梅干し、ぶどう、おにぎりを頂きました。

ふと駐車場に目をやると救急車が、、、、、、(・_・;

どなたかが、カーブを曲がりきれなくて草むらに
突っ込んでしまったとか。だ、大丈夫だったかな。。。。。
やはりロードバイクだとスピード出ますからね。

そろそろ出発しようと思ったら見知らぬ人に
「あなたの後ろをずっと走っていたんだけどね。
あなた普通の靴で乗ってるね。ビンディングペダルにしたら、相当速いんじゃない?
そっちにしたらどうかね?」と言われました。

私あまり自転車詳しくないのですが(乗ってるけど)
ビンディングペダルというのがあってですね。ペダルと靴がくっつくんですよ。
固定することによって、楽に漕げるらしいし、速く走れるようなんです。
しかし、固定されているが故、急に止まったりする時
ペダルが足から離れず、転ぶことあるんですよ。
私、転びたくない(痛いのが嫌だ)ので、普通の靴で乗ってるんです。

しかし、今日、山を越えて、ああ楽に走れるのか、、、
ビンディングペダルにしてもいいな、、、なんて思ってしまいました。

a0093189_10434592.jpg
頑張って走りきりましたーーー!!2時間21分でゴールです!!
疲れたけど、本当に楽しかったです!
走っている間、子供らを見ていてくれた夫にも感謝です。

a0093189_10513123.jpg
色々と参加賞をもらえました。今、クッキー頂きながらこれ書いてます。

すっごい疲れました。ロングはさらにこの2倍走るんだーと
ちょっとびっくりです。
でも、本当に楽しかった。また可能なら来年もエントリーしたいなー。














★LINEスタンプ発売中!!
a0093189_13221928.jpg
オレっち、名馬列伝好評発売中!!




★よろしければポチリ願います★


[PR]

by den-bori-ken | 2017-10-02 10:53 | | Comments(3)

Commented by skiphappy at 2017-10-03 10:47
じゅりさん、忙しいのに凄いですね~。
完走、おめでとうございます。
でも、天気がいいと気分もいいですね。
イベントも、ほんわかほのぼのとしているので、辛さも癒されますね~。
ご主人や子供さん達の協力や応援も強い味方かな。
怪我しないように下りは無理せず降りて下さいね!
お疲れ様でした。

ところで、10/15の秋華賞、我が家の愛馬「リカビトス」の出走が確定しました。
今までの3戦と違って相手が強くなるし、同じタイプの子が多いので、厳しいレースになると思いますが、ぜひ頑張って欲しいものです。
日帰りで京都まで、応援に行く予定です。
キャロっ子は3頭出るので、じゅりさんのイラスト劇場にいつか載るといいな~。

では、GⅠ期間を楽しみましょうね!
Commented by robapan55 at 2017-10-03 22:08
こんばんは(^o^)

ジュリノダイヤモンド号、完走おめでとうございます\(^o^)/ご家族の応援の中での完走ですのでとても素敵ですね!
ずんだ餅、食べたいです♪(´ε` )

ろばは今日、新しい厩舎に入厩しました
(^ ^)慣れない職場ですがウインズに何気に近いというところが嬉しいです。早く慣れないとな、と思います。
Commented by den-bori-ken at 2017-10-03 22:08
skip happyさん
忙しいですけど、私の心と体を解放できる
瞬間なので時間がなくてもなるべく
自転車に乗りたいですね。
寒くなるとなかなか乗る気持ちがそがれちゃうので(^^;;

リカビトス楽しみですね!!
日帰りで京都ですか!
紅葉にはまだちょっと早いかもしれませんが
楽しんでくださいね!

<< スプリンターズSと凱旋門賞のこと    オールカマーを振り返る >>