最初で最後の…6

a0093189_044950.jpg








a0093189_05022.jpg











a0093189_05113.jpg










a0093189_0524100.jpg












a0093189_053996.jpg











a0093189_055113.jpg











a0093189_062577.jpg











a0093189_064098.jpg











a0093189_065330.jpg












a0093189_0744.jpg














a0093189_071638.jpg











a0093189_072920.jpg












a0093189_074326.jpg













a0093189_07562.jpg












a0093189_0892.jpg













a0093189_082026.jpg











a0093189_09687.jpg











a0093189_092194.jpg










a0093189_093789.jpg



これが最初で最後にしたオレなりの親切だ。
どうしてそんなことをしたのか未だに分からない。



分からないけど、あの母馬とあの仔がまたどこかで
再会できるようにこっそりと願っている自分がいる。




そしてオレは今日もせっせとお迎えに精を出す。       おわり






★よろしければポチリ願います★
[PR]

by den-bori-ken | 2011-01-15 00:15 | | Comments(47)

Commented by ゴリアテ at 2011-01-15 01:34 x
いよっ!
さすがケーキ職人!泣かせてくれますわ(((*>д<*)))
・・・・ケーキは関係ないか・・・(´-д-)-3
いいお話ありがとうございます。
ちなみに拙者は、昨年の新橋のサイン会で手作りオレっち人形を持参したタカコの一味です(*-∀-)ゞ
Commented by 35 at 2011-01-15 06:51 x
やっぱり,泣いちゃった…(涙,涙)

‘オレッち’の笑える所でも読んで涙をこらえるべし。
何処の世界も,光と影の部分はあるからね。

死神様…(ちょっとだけ)有り難う。

Commented by On Your Side at 2011-01-15 07:44 x
昨年、ウチの牧場でも似たようなことがありました。
同じような時期に別々の母親と子馬が亡くなりました。
そして残ったそれぞれの子馬と母親がくっついてめでたく(?)新しい親子に。
きっと旅立った2頭も天国で新しい親子となって草原を走り回っていると私は信じています。
思い出して泣けてしまいますが、死神さんと戦える身として今シーズンも決意新たに頑張っていきます。
光と影を知っているじゅりさんならではのいい話ありがとうございました。
Commented by pia at 2011-01-15 08:34 x
じゅりさん、、、ぼろ泣きです(ToT)。子どもをうんだ瞬間に、"お母さん"になってて、いっぱいいっぱい愛情そそいで…悲しかったでしょうね(>_<)。もし、馬の世界ではこういう悲しいことがよく起こるなら、せめてあちらの世界で穏やかに過ごせてるといいですね。
今、乗ってる新幹線が(雪のため?)立ち往生してて、周りにヒトいっぱいいるので、涙こぼさないよう必死です(;_;)
Commented by すけさん at 2011-01-15 08:41 x
あああ…
泣いてしまいました…

twitterで宣伝してみました。
Commented by あいぶう at 2011-01-15 08:52 x
このお母さんと仔馬ちゃんは生き返ったのかな?
Commented by こむぎ at 2011-01-15 09:27 x
おがわさん、ありがとうございました・・・(泣)
仔っこ、おっぱい飲みたかったろうなあ・・・(号泣)元気に育って欲しいです!
Commented by ちょこ at 2011-01-15 09:38 x
この物語を通して、馬に対する考え方が少し変わりました

そして、今まで以上に馬が愛しくなりました


いつかきっと再会できますよね!
Commented by さわ at 2011-01-15 10:01 x
仔馬のプピーが可愛かった。
「それは持ち込めねえ」で爆笑しました。

新年のお年玉を頂いた気分です。いつも心に沁みるお話をありがとうございます。
Commented by 亮太郎 at 2011-01-15 10:10 x
悲しく切ない別れでありながらも
どこか救われた気持ちにもなるような。。。(ノ_・、)
いつの日か天国、あるいは来世でまた親子が幸せに暮らせる事を願わずにはいられません。

(陳腐に聞こえるかもですが。。)馬の数だけ人生がある!
言葉が通じなくてもどこか深い部分、ハートで繋がっているあるいは共鳴し合えるのなら
たくさんの愛情や友情、感謝の気持ちを伝えたいですね。
素敵な作品ありがとうございました!
Commented by フィ at 2011-01-15 10:19 x
じゅりさん、はじめまして~・・・終わちゃいましたね・・・・(寂涙)
死神なのに、可愛くって~ファンに、なりました(笑)
また、素敵なイイお話を待ってますぅ~。
Commented by プルタブ at 2011-01-15 10:31 x
こうきましたか・・・
哀しいけれど、少し救われた気がします。
でも、涙が出ちゃう・・・。

これでお乳をやれなかった母馬の無念と想いが
少しは消えたかな?
母馬の愛情とお乳を貰えなかった仔馬も、
(代理母によって)それを感じる事が出来たはず。
同業者(馬)の死神も情けの判るヤツで良かった。
それは、ボスにも言える事。
競走馬の馬生の中で一番幸せな時は母親と一緒の時だと思っているから、親子で居る時は死神には来て貰いたくないなぁ。

あの・・・天冠が有ると生者の動作を封印されて、それを消すと生前の事が出来る様になるのですか?
Commented by なっくん at 2011-01-15 11:58 x
感動したぁ(ToT)

なんとも言えない気分になりました。

残された仔馬と母親の気持ちを察すると決してめでたしでは無いんだけど…

なんだろう?この気持ち、この気分は?

死神さん達もあくまで仕事でやってるだけであって、本当にやりたくてやってるわけではない…と。


あ~、だけど残された仔馬を考えると切な~い!
Commented by のり巻 at 2011-01-15 13:46 x
じゅりさん、ありがとう・・・
悲しいけれど、心の奥がじんわり暖かくなるお話です。
Commented by 中央に負けるな at 2011-01-15 14:46 x
死神の、ママに対する最初でさいごのママとしての仕事をさせてあげようって気持ちがなんとも切ないです。

生きている自分の親、自分の仔に対する思いの深さ。
ものっすごおおおく温かいお話ですね。

ホンマにこのブログは…泣かせよんなあああああああっ!
じゅりさん、いつもありがとう
Commented at 2011-01-15 17:40 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by うますき at 2011-01-15 21:43 x
はじめまして、静かに拝読しました。
涙もろい自覚でしたが、不思議と涙は一度も出なかった。最期の時にこんなやり取りが本当にあったらいいと思ったからかもしれません。
ところで、どうして今回、以前描かれたというこの作品を、皆さんと共有しようと思われたのでしょうか?
じゅりさんの気持ちの動きも関心持ちました。
Commented by kano at 2011-01-15 21:48 x
良かった、うん、良かったです^^。。。
なんか、ほっとしたような気がします。

死に神、良いやつですね(ほろり)
ちょうちん持ってるのが、何げに笑える^^

残されたこっこも、きっと代理母の愛とおっぱいをもらって、
元気に生きていく事でしょうね。

朝、この最終回を見て、むしょうに愛馬に会いたくなって、
急いで、会いに行きました^^
Commented by いくっち at 2011-01-15 21:59 x
ぬぉーん(T_T)
死神さん、最初で最後なんていわないで、
ユーの心に素直になって善行しとくれよっ!
でも、ユーもつらいお仕事だね。
すべての人と馬が幸福でありますように( ̄人 ̄)
Commented by レインボー at 2011-01-15 22:15 x
やっぱり親子は離れてしまいましたが、地上でも天国でもそれぞれ新しい親子ができることを願っています。
Commented by ココ at 2011-01-15 22:15 x
ナイス!ラスト♪
本当にいい奴だ。死神くん!
Commented by 厩先輩 at 2011-01-15 22:47 x
どうなるのかとハラハラして見ていました。
死神の心を動かしてしまうとは、まさに「母の愛は海よりも深し」ですね。

じゅりさん、心に沁みる話をありがとう。
Commented by てん坊 at 2011-01-16 01:09 x
スペシャルウィークを思い出しました
母キャンペーンガールもこうやって別れのかな?
Commented by らいすまろん at 2011-01-16 09:10 x
じゅりさん、こんにちは。

10年ほど前、ウチの牧場で死産があったそうです。ちょうど同じ頃、近所の牧場ではお産の後母馬が亡くなってしまい、とねっこが残されました。そこでウチの母馬を後産と一緒に連れていき、先方のとねっこに後産を擦り付け(母馬の匂いを擦り付けることによって自分の仔と思わせるそうです)、無事お乳も付き、秋の離乳までまで自分の仔のように育てたそうです。
だから…もしかしたらこの母馬が残したとねっこは、天国で出会ったとねっこの母馬に、大切に育てられてるんじゃないかなぁ…と、勝手に思ってます。
涙する話も、最後はハッピーエンドですよね!
Commented by GUM at 2011-01-16 14:41 x
そっかぁー、こう来ましたか。
そうだよね、お産というのは母親だけではなくて
生まれてきた子にもこういう運命はあり得ますよね。
でも、ここでの出会いが少しでもお互いの癒しになったのであれば
死神さん、ありがとう。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 22:52
>ゴリアテさん
ケーキは完全に関係ないっすね(笑)
オレっちは元気に私の机の上を走り回っていますよ。
しかし、あまりにも可愛いのか猫達から狙われています。気をつけないといけません!!
ゴリアテさんは…ドーラ一家の一味じゃないですよね?(笑)

>35さん
そうですよね。どこにでも光りと影が存在します。
影の存在があるから余計に光りは眩しく見えるのかも知れませんね。
みんな光りになりたいけど、なかなかそう上手くは
いかないのも世の中ですよね。

>On Your Sideさん
本当にそんな事があるのですね!
別々の親仔がくっつく事が本当にあるのですか!
ちょっとびっくりしました。
血のつながりはない親仔ですが、愛情は
本当の親仔のような関係だったのでしょうね。

>piaさん
雪で新幹線が止まって大変でしたよね。
それに寒かったですし。風邪などひいてませんか??
出産シーズンでは命を落とす母馬、仔馬も中にはいて
本当にどちらも命がけなのだなと思います。
だから無事に産まれてきた親仔は深い愛で
繋がっているのだなぁと思います。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 22:55
>すけさん
宣伝ありがとうございました。
だからかな?この日のアクセスがとっても多かったんですよ。
す、凄いですね、ツイッターって。

>あいぶうさん
すみません。残念ながら生き返っていません(TдT)

>こむぎさん
最後まで読んで頂きこちらこそありがとうございました。
生き残った仔馬はきっと乳母に大事に育てられて
元気に過ごしていると思いますよ(^ ^)

>ちょこさん
はい、きっと再会できますよ。
もし、再会したらそれはあの死神が何か
手を回してくれたのかも知れませんね(^ ^)
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 23:01
>さわさん
いやいや、そんな、お年玉だなんて。
新年早々の話なのでちょっと縁起悪いかな?って
一瞬思ったのですが、やっぱり最初に描きたい!って
思っていたのです。描いて良かったです(^ ^)

>亮太郎さん
本当に馬の数だけドラマがありますよね。
それだけ多くの人と係わっているというのも
あるんでしょうね。
厩務員さんの場合になりますけど
2歳で馬を担当してその馬が9歳くらいまで
現役だったら7年も一緒にいることになりますよね。
凄いですよね?もう家族であり、恋人であり、親友であり。腐れ縁だったりするんでしょうね。
なんかいいな、その関係。。。

>フィさん
初めまして。6話でおしまいということになりました。
めでたし、めでたしなのか…というと
ちょっと「?」なのかも知れませんが私の中では
限りなくハッピーエンドだったと思っているんですよ。

Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 23:04
>プルタブさん
はい。こういう最後となりました。
恐らくプルタブさんが願っていた展開とは
ほど遠いとは思いますが(^ ^::
この物語の中で「天冠」はあの世へ行く印みたいな
もので特に特殊な効果はないのですが
授乳の時くらいは外してあげようという死神の
ちょっとした粋な計らいってやつです。
でも、ちょっと分かりにくかったですね、表現が(^ ^::

>なっくんさん
お休み満喫されていますか〜?
そうなんです。結局は連れて行かれてしまうんですが
…少しだけ救われた(?)ような感じになりますでしょ?
本当にこういう死神がいるのなら皆、仕方なく
やっているんだろうなぁ…と思います。

>のり巻さん
悲しいけど少し心が温まるお話。
私が描きたかったのがずばりそれです。
伝わって良かったです(^ ^)
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 23:11
>中央に負けるなさん
死神が思いついた最後の優しさ(親切)ですね。
普段ならそんな願いは聞き入れず、淡々と
仕事をこなすのでしょうが、母の愛を間近で見て
心を動かしたんでしょうね、きっと(^ ^)

>17:40のカギコメさん
ライブで応援出来なかったのですが
良い結果でしたね(*´∀`*)
きっとパドックでそんな会話をしてますよ〜。
想像すると楽しいですね♪

>うますきさん
初めまして。読んで頂きありがとうございました。
私自身、あまり「死」について描くのは正直、苦手なんですね。
小心な性格なものですからこんな物を描いたら
もしかしたら批判されてしまうかもしれない…と
ビクビクしてしまうんです。
それでも今回の物語をアップしたのは私自身が
この物語を気に入っているのもありますが
やっぱり色々なことを描きたいんですね。
それで図々しく言えば自分の作品で
多くの人の心を振わせるような物語やイラストを
描きたいんです。
去年は本を出させて頂きましたがそれに満足せず
今年も色々なことに挑戦していきたくて
それでその決意としてこの物語を最初に
載せようって決めたんですよ〜。
あ、ちょっと熱く語ってしまいやした(^ ^::
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 23:17
>kanoさん
お迎えの時は「大鎌」。
連れて行く時は「提灯」になるようです。
想像ですが、きっとあちらの世界に行く時には
暗いトンネルがあってそれで提灯が
必要なのでは??という私の勝手な想像なんですけどね(^ ^::

>いくっちさん
きっとこの死神はまだこの仕事をして
そんなに長くない設定になっていると思います。
だから先輩から「甘いな」なんて言われてしまうんでしょうね(^ ^::

>レインボーさん
はい。ボスが決定のハンコを押しているので
なかなかそれは覆せない様です。
きっと、この親仔は上の世界でも仲良く
暮らしていると思いますよ(^ ^)

>ココさん
おお〜。そう思われて良かったです(^ ^)
死神に伝えたら絶対に「オレはいいヤツなんかじゃない」と
照れて否定しそうですよね。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-16 23:23
>厩先輩さん
まさにその通しです!!
「いい話をありがとう」と言って頂けると
作者として本当に嬉しいです。
こちらこそありがとうございました。

>てん坊さん
この仔馬はもしかしたら将来、ダービー馬に
なったかも知れませんよ(^ ^)
スペシャルウィークも小さい頃に辛い体験を
したのでしょうが、色々人から愛をもらって
強くなっていったんでしょうね、きっと。

>らいすまろんさん
おお〜。先程、書込んで下さった方も
同じようなことを書いて下さいましたが
別々の親仔同士がくっつくことがあるんですね。
匂いで認識させるのですね。
本当に自分の仔だと思っているから
おっぱいをあげるんですよね、きっと。
仔馬に対する愛なんですね(^ ^)

>GUMさん
はい。きっとこの出会いはお母さん馬にとっても
きっと救いになったに違いありません。
もし、ここであの仔馬に出会っていなければ
きっといつまでもメソメソしてずっと辛い気持ちを
引きずっていたと思いますからね。
Commented by プルタブ at 2011-01-17 11:31 x
すみません「死神」の話から逸れてしまいますが、
*スペシャルウィーク*の事で。
「競馬○○at」のパドック解説者の鈴木○○子さんが、
(彼女の「一押し」馬が、シンザン記念と日経新春杯を2週連続で優勝しました)
書かれていたのですが、
生後直ぐ母馬を亡くし、人間の手が入る事が多かった為か、
スペシャルは人間的(喜怒哀楽が)感情を持っていたとか。
例えば、グラスワンダーに負けた後、気落ちして(小さくなって)調教で走っていたそうです。
その感情が産駒に遺伝している(ブエナビスタが顔が濡れるのを嫌う所とか)
そう思って観ると興味深いですね。
Commented by うぉるふぃん at 2011-01-17 12:29 x
号泣。

あーんど。

すたんでぃんぐ・おべーしょんっ!!!!!!!!

。・゚゚ '゜(*/□\*) '゜゚゚・。
Commented by fila at 2011-01-17 14:42 x
死神さんの忘れてしまった過去は、、、、自分も子を亡くしたお母さんだったのかも。

そして、不問に付したであろう、ボスも子分の死神たちがときどき情を思い出すのを、とがめつつも嬉しく思っているのかもしれませんね。

別れ別れはやっぱり悲しいけど、ふんわり。


レインボーペガサス、最後伸びてたのに惜しかったですねっ。でも、これで前走の惨敗は帳消しですね。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-17 17:13
>プルタブさん
それはとても可愛いというか人間臭いエピソードですね。
それにしてもよしこさん。凄いですね。
私は最近は馬券はさっぱりですから(^ ^::

>うぉるふぃんさん
拍手が宮城まで聞こえた気がしました♪
ありがとうございます。

>filaさん
「オレ」って言ってますが生前は
牝馬だった可能性もありますよね。
どうして死神が今の仕事をしているのか…
それはまたいつかの機会に描けたらいいなと思っています。

レインボーペガサス頑張って走ってました。
今回はイレ込まずレース中も折り合っていたような
気がします。そしてやっぱり京都は走りますね!
Commented by キリーン at 2011-01-18 17:32 x
そんなにちいさいこまで・・・

泣いちゃいました。
Commented by yu_ta at 2011-01-18 17:36 x
最終回を読む前に聞いたお話です。
私のブログ友達がニュージーランドの牧場で働いて、そこでの出来事なのです。
やはり母馬が先に亡くなってしまい残された仔がいて、乳母馬に面倒を見させようとしたけど、乳母が他人の仔と認識してしまいベイビーに攻撃的になってしまったため、人畜無害のナニーメア(子守専門のお馬)と、残された仔をペアにしたそうです。
このドッキングには成功したけど、ナニーが26歳なのでお乳が出ない。。。だから人間がバケツからミルクを飲む方法を教えたそうです。
周りの仔馬はお母さんのお乳からミルクを飲んでる時期だったので、ちょっと可哀相だといってました。

が、そうやってみんな頑張って生きてるんですよね!だってお乳飲まないと死んじゃうかもしれないもの。
この世に生あるものも、この世にいないものも一生懸命頑張ってるんですよね!
死神さんのバカバカって思ったけど、じゅりさんのお話、心の奥深いところに響きましたー。ありがとうございます!!
Commented by den-bori-ken at 2011-01-18 22:19
>キリーンさん
そんな小さい子くらい見逃してあげても
いいとは思うんですが
この仕事はそうはいかないみたいです(> <)

>yu_taさん
そういう事があったんですか。確かに26歳だと
すごく高齢ですよね。
おばあちゃんが孫を育てるみたいな感覚でしょうかね。
本当はね、お母さんから直接もらえたるのが
1番なんですが、きっとこの仔馬はその分
色々な人から愛情を注がれて他の仔馬では
味わえなかったような事も体験することが
できたかも知れませんね。
Commented by うますき at 2011-01-18 23:53 x
じゅりさんのお気持ち語っていただき有難うございました。
じゅりさんの絵は東京競馬場の壁絵を見て初めて知ったビギナーです。
昨年出た本もその前編も我が家にあります。読んだきっかけで、競走馬で無くなったあとの馬たちの生き方にも関心持つようになりました。
これからもいろいろ発信してください。
ジュニアお大事に!
Commented by den-bori-ken at 2011-01-20 15:38
>うますきさん
いやいや、熱く語ってちょっとお恥ずかしいっっ(*/∇\*)
でも、本心でもあります。良い作品を描きたい、良い仕事をしたいといつも思っていますよ。

これからも覗きにいらして下さいね。
Commented by hoku at 2011-01-25 10:41 x
やだわやだわε=(ノTдT)ノ 悲しそうなお話だわと思っていましたが(と、言いつつ目が離せないんですけどね)
最期に優しいエピソードで終わるあたり流石です(ノ◇≦。)

に、しても死神さんの提灯持ってひゅるひゅる飛んでるデザイン最高ですね~。カワイイ♪
死神が馬に乗ってる絵は良く見ますけど 死神・兼・馬って斬新でした。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-26 00:22
>hokuさん
悲しいお話には間違いないんですけどね
でも最後は少しだけハッピーな形にしたいなと
思っていました。最後の最後まで何か救われない物語じゃあ、悲し過ぎるなぁと。
昨日は私は死神の夢を見てすんごく怖かったです。
Commented by hoku at 2011-01-27 10:35 x
>最後の最後まで何か救われない物語じゃあ、悲し過ぎるなぁと。

じゅりさんのお人柄が隅々まで行き渡っていて本当に素敵なお話でした。心の奥まで暖かくなって馬のことが今までよりもずっと好きになります。また御本が出版されるのを待ってます。

>昨日は私は死神の夢を見てすんごく怖かったです。
あわわ(@_@;) 凄い夢ですね。馬タイプが髑髏タイプか 少年ジャンプ系のカッコイイのか気になりますわ。
Commented by den-bori-ken at 2011-01-27 15:56
>hokuさん
いやいや、そんな私そんな、照れますっ(*/∇\*)
これを読んで頂いてますます馬のことが好きになったと
ご感想を頂けると嬉しく思います。
また色々な物語を描きたいと思っています(^ ^)
Commented by ひふみ at 2012-11-14 23:50 x
最初に読んだ時も泣いてしまいましたが、今回もやっぱり泣いてしまいました(/_;)天国で幸せに暮らしているといいなぁ~とフィクション?でも思ってしまう・・・
Commented by den-bori-ken at 2012-11-18 00:36
>ひふみさん
もちろんフィクションですが…
出産ですぐに仔馬や母馬が亡くなってしまうことは
残念ながら時々ある話です。
あっちの世界でも仲良くしているといいですよね。

<< じっくり味わいたい!    最初で最後の…5 >>